平成最後の一日

2019年04月30日

平成最後の一日ですね。数日前、某大新聞に載っていた識者のコメントに「元号軸で過去を振り返る人の方が少数派…。」なんてありましたが、どんなもんですかね? 実際、我がことを思い返すとき、「平成になってすぐあの人にあったんだよな。」、「あれは平成10年代の初めだったよな。」とまるで本に挟んだ栞か、見出しのタグのように活用していますね。思い出した出来事と共に立ち現れてくる当時の音や声、臭い! 私たちにとって元号への思い入れは多分に情緒と結び付いているもので、それを用いてある一定の時間を呼んだとき、単位に過ぎない時間に初めて同じ血が通うような安心に満ちた帰属感。西暦では多分味わえない情緒なんだよな。