またご無沙汰を

2019年05月26日

またご無沙汰をしてしまいました。令和最初の1ヶ月も間もなく過ぎ去ってしまうのですね。
ファミリー物件内見のお客様をお迎えしたのですが、成約に至りませんでした。たいへん感じの良いお客様だっただけに未だに残念です。その理由として「畳のお部屋は不要。」とのご指摘がありました。ここ5年ほど、お部屋のマイナス・ポイントとしてよく聞かされます。築30年以上の2DKの間取りに当たり前のようにある和室がお客様に避けられています。応急処置に畳をフローリングに代えたとしても残った襖や天袋がアンバランスで貧相なお部屋になってしまいます。そもそもすべて洋室にしておけばと後悔しきりです。その方が入替時のメンテが格段に楽でしたしね。それにしても我々以上に畳屋さんも受難の時代です。どうなっちゃうのかな?