安心な大家の選び方

〝選んで 選ばれて〟 シティー開発が考える賃貸

看板

1.ひとくちに大家と言っても…

●ひとくちに大家(おおや)と言っても次のように大きく2

 種類に区分されます。

  ① 賃貸建物(と敷地)の所有者

  ② 貸室の区分所有者

   ※例)投資用ワンルームのサラリーマン大家など

 

●この両者の権限には大きな違いがあります。例えば、単

 にエアコンなどの故障した室内設備を修理交換する場合

 ならそうした違いはあまり生じませんが、室内だけでの

 工事にとどまらない改修が必要となった際、上記②の大

 家は建物の躯体(天井・壁・柱)や給排水、バルコニー・

 窓ガラスの仕様に係る改装を一存では着手できないので

 す。作業前に予めマンションの管理組合や管理会社に所

 定の方法で了解を取付けなければならないのです。床下

 に漏水が発生したら、復旧までに何日もかかります。

 

<ポイント>

 借りるなら「1室大家」より「1棟大家」を選びましょう

 

2.大家のスタンスにも違いがある

●上記②の大家の多くにとって、お部屋の賃貸は単なる〝

 財テク〟であることが少なくありません。極論すれば、

 この場合の大家は家賃さえ支払われればいいわけです。

 「必要最低限の経費しかかけたくない」し、「採算がと

 れなければ転売してしまえばいい」と安易に考えている

 方たちは少なくありません。ても、お部屋を借りている

 人の立場から考えたらあまり愉快な話ではありません。

 

●契約当事者である一方の大家が、知らぬ間に代わってい

 る…そんなケースもなきにしもあらずです。もちろん

 オーナーチェンジ自体は法的に問題があることではあ

 りませんが、賃貸借契約は双方が選んで選ばれて成立

 したものに違いないのに、新たな大家の人物も素性も

 まったく知らないという状態では不安が拭えません。

 当社では、お申込みから契約締結、契約終了後の精算

 まで、代行業者を介在させることなく大家自らが立会

 い、「顔の見えるサービス」を実践しています。賃貸借

 契約の根底にあるのは相手方への信頼であると私たち

 は考えるからです。

 

<ポイント>

 賃貸事業をサービス業としてとらえ、

       自ら営んでいる大家を選びましょう

 

3.住んでからのことを考えることが大切

エアコンの故障時における大家それぞれの対応アルアル

 

大家自らが賃貸管理業務を実践している場合

 「ご不便をかけて申し訳ありません。○日に修理業者を

 手配しました。機器交換になる場合は△日までに完了し

 ます。」

  ➡遅くとも約5日以内には復旧

 

●大家から委託された賃貸管理会社の場合

 「大家さんに修理見積書を提示した後、お返事をいただ

 いてからの手配となりますので、今しばらくお待ちくだ

 さい。(※管理会社は日頃から大家より極力出費を抑える

 よう厳命されており、費用を捻出してもらうための説得

 に時間を要すことが多い。)」

  ➡最低でも2週間はかかる

 

●客付け時の仲介会社が代行管理している場合

 「(エアコンの手配はウチの受託業務だったかなあ。あっ、

 そうそう思い出した。)設置してあるエアコンは前の入居

 者の残置物なので、修理費用は入居者負担となります。」

  ➡修理手配をしてもらえるかはケースバイケース

 

 <ポイント>

 1棟大家なら居住中の困ったに即応が可能です

 

4.当社が考える賃貸事業とは

●たくさんの物件の中から縁あって選ばれ、毎月のお家賃

 をお受けする立場になったのです。賃貸住宅事業を経営

 し、お客様にお住まいいただく以上は、大家として守る

 べき原則があるものと考えます。それはお家賃をいただ

 くに値する〝快適な居住空間の確保〟と〝可能な限りの

 安心安全の追求〟です。

 

●当然コストもかかります。中には専門の管理・保守業者

 に任せなくてはならないこともあるでしょう。それでも

 第三者に任せっきりにはしない。常日頃の目配りが建物

 と一人ひとりのお客様に向いていなければならない、

 私たちの変わらぬ姿勢です。